■人魚の眠る家■

娘を殺したのは、私でしょうか。

絶賛レンタル中


ポイント
「容疑者Xの献身」、「マスカレード・ホテル」などこれまで数々の傑作小説が映像化されてきた東野圭吾作品。作家デビュー30周年を記念して書かれ、その衝撃的な内容に話題沸騰、累計110万部を突破!前代未聞の東野ミステリー超大作が、遂に映画化!監督を務めるのは、「TRICK」シリーズや「SPEC」シリーズ、映画「十二人の死にたい子どもたち」など数々のヒット作を手掛け、本作を「自らの集大成」と語る、日本映画界の鬼才・堤幸彦。
ストーリー
二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師から「脳死の可能性が高く回復の見込みはない」と言われ、二人は「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのかという、生かすか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる。奇跡を信じる夫婦は、ある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく―。
出演
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、松坂慶子 他
監督
堤幸彦
原作
東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

2018年/日本
(c)2018「人魚の眠る家」製作委員会

過去のレンタルDVDオススメ情報
2019年 1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号
2018年 1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2017年 1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2016年 1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2015年 1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2014年 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月号/12月号
2013年 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


レンタル情報TOPへ

TOPページへ